【閉店】小田原ラーメン「郁」小田原店!看板メニューのワンタンメンを食す!

SNSフォローボタン

フォローする

神奈川県小田原市周辺のご当地ラーメンといえば、

今や有名となった“小田原系ラーメン”

その代名詞的な存在と言えるのが、

小田原ラーメン「郁」です。

※郁は全店閉店しました!新店の情報はこちら!

秦野「らーめん岬」で小田原系を食す!郁の店長が復活オープン!

スポンサーリンク

小田原ラーメン「郁」は、

大井町、秦野市、そして小田原市にある“小田原系ラーメン”のお店です。

小田原店は2018年3月2日にオープンしたばかりです。

何を隠そうこの「郁」は、

小田原系の名店『支那そば むら田』で修行した弟子が展開する本格派なんです。

さて、新店である小田原店の味はいかがなものなのでしょうか!?

今回は、小田原ラーメン「郁」小田原店で、

名物のワンタンメンを食してきました。

外観

小田急「小田原駅」東口を出て、

ちょっくら怪しい通りを進むこと徒歩1分ほど…

おそらくどこかの店の居抜きだろう雰囲気の、

小田原ラーメン「郁」小田原店があります。

とりわけ新店感はない壁面ですが、

小田原ラーメン「郁」の暖簾が目立ちますね。

店の前には、

“小田原ラーメンとはなんぞや?”

の説明書きがあります。

分かりやすくて良いですね。

内観

店内は、カウンターテーブル席があります。

(残念ながらテーブル席側は人が多くて写真が取れませんでした)

金曜日に伺ったためか、

それとも居酒屋などの店舗が並ぶ通りなのか、

飲み会帰りの人がほとんど…

それほど広くはない店内を埋め尽くしています。

メニュー

メニューはこちら!

店外にあるのは、写真付きのメニューボード。

これなら小田原ラーメンがなんぞやかイメージつきやすいです。

注文は口頭で。

シンプルなメニューラインナップ。

ただ、おつまみなんかも充実しております。

今回注文したメニューはこちら!

ワンタンメン:1100円(税込)

小田原系のデフォルトといえば、ワンタンメンである!

と勝手に思っているほど、代表的なメニューですね。

まずは、ボリュームが多いことが小田原系の特徴です。

見た目にもボリュームがあることが分かります。

スープは透き通っているようで、

表面にはしっかりと油が。

豚骨の出汁の匂いが食欲をそそります。

ただ、食べてみると醤油の香ばしさはありますが、塩気は少なく食べやすいです。

(個人的にはちょっとあっさりな感じ)

麺は小田原系の特徴、太めの平打ち縮れ麺

もちもちとした食感で、スープがしっかり絡みます。

こちらも小田原系の特徴であるメンマ!

郁のメンマは、とても大きく、そして甘く煮付けてあるのがポイントで、

これだけでも商品化が可能と思えるほど美味しいです。

そしてワンタンがこちら!

5〜6個くらい入っており、

量は文句なし。

そこそこ餡も大きいし味もしっかりついているためグッド!

大井店・秦野店同様に非常に完成度の高いラーメンであると感じました。

ただ、ちょっと麺が少ない?味が薄い?とも感じましたが、

再度他店と比較してみようと思います。

店舗情報

【名称】小田原ラーメン 郁 小田原店
【住所】神奈川県小田原市栄町2-3-4
【営業時間】11:00~(売り切れ次第終了)
【定休日】第1月曜日・火曜日
【席数】14席(カウンター6席 4人掛けテーブル2卓)
【駐車場】無し
【地図】

まとめ

今回は、小田原ラーメン「郁」小田原店で、名物のワンタンメンを食してきました。

他店に負けず劣らず、完成度の高いラーメンでした。

小田原にまた一つ、悩ましい選択肢ができてしまいました。

(Visited 32 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

コメント

  1. 柏木利明 より:

    先日、郁のの秦野店が閉店しました。
    友人から話を聞き見に行きました。残念ですが、店名が変わってました。