大井町のラーメン屋「拉麺屋 日昇亭」人気の支那竹ラーメンを食す!

SNSフォローボタン

フォローする

知る人ぞ知るラーメン激戦区“国道255線”

東名大井松田IC降りてすぐにあるのは、

老舗のラーメン屋拉麺屋 日昇亭」です。

スポンサーリンク

拉麺屋 日昇亭」は、

国道255線沿いにある老舗のラーメン屋です。

小田原系!?

に位置付けられることもありますが、

厳密には小田原系ではないとの意見も…。

そもそもこの店は、

創業年が1964年の超老舗!

外観や店内の雰囲気がその古さを物語っていますが、

味は文句なし!

地元では大人気のラーメン屋です。

そこで今回は、国道255線沿い、大井町のラーメン「拉麺屋 日昇亭」についてレビューします。

小田原系ラーメンの特徴はこちら
家系を凌ぐ「小田原系ラーメン」とは?湯河原には名店も…

外観

国道255線、東名大井松田IC降りてすぐにあるが、

拉麺屋 日昇亭」

まずはこの看板が目印になります。

南から東名大井松田ICへ向かう反対側からの目印は、

こちら

お世辞にも綺麗とは言えない外観が、

その歴史を物語っています

特徴的な太陽!?

のようなシンボルが目印となります。

駐車場は店舗前、または裏にあり、

いずれも255線から直接入ることが可能です。

内観

店内には、カウンターと座敷があり、

子供づれでも安心して来店することができます。

(子供の椅子や取り皿も借りられます)

ただ、お世辞にも綺麗とは言えず、

床やテーブルは油でギトギト…

まぁこれも老舗感を引き立てる要素でもありますが。

それでも土日のお昼時にはほぼ満席になる人気ぶりです。


メニュー

メニューはこちら。

理由は分かりませんが、

現在は臨時メニューへと切り替わっています。

ただ、臨時とは言えど、

大きな違いはなく確か昔からこのようなメニューだったと記憶しています。

価格はちょっと高いですね。

まぁ小田原系は大体このような値段が多いですかね。

サイドメニューはこちらです。

“支那竹”はこの店の名物でもあります。

さて今回、注文したメニューはこちら!

支那竹ラーメン:920円

ワンタン麺:920円

いずれも見た目はほぼ小田原系!?

大量の油がスープの上に浮かんでいます。

やや魚介っぽく、思ったよりはさっぱりしています。

麺はこちらもいずれ共に平打ちの縮れ麺

スープによく絡んで美味しいです。。

チューシューは、厚さ大きさ共に不揃いに3枚ほど。

これは正直かなりしょっぱいです。

何枚も食べるのはちょっと辛い…

そして、期待の支那竹。

噛んだ瞬間は非常に甘いのですが、徐々にピリッとした辛味も。

甘さと絡みのバランスが取れた非常に美味しい支那竹でした。

ワンタンは全体に味が薄め。

サイズも小さくこちらはちょっと残念ですね。

店舗情報

【名称】拉麺屋 日昇亭
【住所】神奈川県足柄上郡大井町金子115-6
【営業時間】
昼 11:00~16:00
夜 18:00~20:00
麺がなくなり次第終了
【定休日】月曜日(祝日の場合はその翌日)
【席数】40席(カウンター、テーブルあり)
【駐車場】あり(10台)
【地図】

同じく255線沿いのラーメン屋はこちら
浜松餃子の自慢の「五味八珍 大井松田店」家族連れでラーメンならここ!

まとめ

今回は、ラーメン激戦区、大井町の国道255線沿いにある「拉麺屋 日昇亭」をレビューしました。

ほぼ小田原系といっていいでしょう。

昔ながらの味を引き継いでおり、甘辛のしなちくとマッチするスープ、麺ともに非常に美味しいラーメンでした。

このまま255線沿いを制覇したいですね。

近隣の小田原系はこちら
松田の人気店!小田原系ラーメン「AQUA(アクア)」を食す!

(Visited 305 times, 3 visits today)

スポンサーリンク