小田原市早川の海鮮は「魚市場食堂」!圧倒的なハイコスパメニュー!

SNSフォローボタン

フォローする

「新鮮な海鮮料理が食べたい」

小田原近辺は漁港もあり、新鮮な魚が食べられます。

特にオススメは、小田原市早川の「魚市場食堂」です!

スポンサーリンク

小田原市は海に面しており、新鮮な魚を食べられることでも知られています。

特に早川漁港には、たくさんの海鮮料理専門店が軒を連ね、

土日祝日はもちろんのこと、

平日にも駐車場はいっぱいになるほどの賑わいを見せています。

小田原といえば、“鯵(あじ)”

早川漁港でも特に人気の店がお食事処「大原」です。

満を辞してアジフライを食しに伺ったところ,何と臨時休業ではありませんか…

(お盆営業を行なった反動でしょうか)

仕方がないので、もう一つの大人気店

「魚市場食堂」に伺うことにしました。

初めての訪問ですが、

もともと新鮮な魚をハイコスパで食せると評判の店でしたので、

期待大です。

今回は、小田原市早川漁港内の人気店「魚市場食堂」のランチをレビューします。

外観

「魚市場食堂」は、早川漁港内にあります。

他の専門店とは違って、何と本当に競りが行われている市場の建物の中にあるんです。

見えますでしょうか!?

階段を上がって二階に食堂は存在します。

二階に上がった場所からはこんな景色です。

まさに市場内の食堂ですね。

平日とはいえ、

正午ごろのお昼時でしたので店の外にも行列です。

ただ、非常に回転が早く(本当に早いです)すぐに店内に入ることが出来ました。

駐車場

店舗の駐車場はありませんが、

早川漁港の無料駐車場がすぐ横にあります。

結構な台数は止められますが、常に満車。

非常に間隔やすれ違うスペースも狭いので、駐車に自身がない人は大変かも…

内観

決して綺麗とは言えません。

横の人との間隔も狭く、非常に混雑しています。

ただ、活気があってこれぞ市場って感じです!

席や水、片付けなど全てがセルフサービスです。

回転の速さや、低価格なのもこのあたりの影響でしょう。

子供用の椅子や食器も少ないながら用意されていますのでご安心を!

サラリーマン、家族連れ、カップル、観光など多くの目的で利用されているようです。

メニュー

店外にも並んでいるときに見えるようにメニューが貼られています。

いずれも定番の海鮮が種類豊富に並んでいます。

店内のメニューは食券制度です。

とにかくこの店、

本当に安いんです。

早川漁港内の専門店と比べても、

同じ定食名のメニューでも500円以上の差があると言っても過言ではないです。

特に数限定の日替わり定食:700円は、

早いもの勝ちです。

さて、今回注文したメニューは、狙い通りの

アジフライ定食:910円

刺身定食:1080円

いや〜二つとも驚くべき値段設定です。

量も申し分ありません。

アジフライ定食は、熱々のアジフライが4枚。

やや小ぶりですが、しっかり身の詰まった味は絶品です。

刺身は、マグロ・イカ・ぶりの三品でしたが、

非常に新鮮で美味しかったです。

店舗

【名称】魚市場食堂
【住所】神奈川県小田原市早川1-10-1 小田原魚市場 2F
【営業時間】
《 月曜日~土曜日 》
朝7時~午後3時(ラストオーダー)
《 日曜日・祝日 》
10時~午後3時(ラストオーダー)
【定休日】第3水曜日
【席数】約76席
【駐車場】無(漁港の無料駐車場利用)
【地図】

まとめ

今回は、小田原市早川漁港内の人気店「魚市場食堂」のランチをレビューしました。

ハイコスパのランチは、漁港内の飲食店の中では群を抜いており、

第一選択となる店で間違いないです。

一見混んでいるようですが、本当に回転が早いですので、思い切って並んでしまうのも手ですね。

ただ、店内は混雑必至ですので、セルフの割には自由に動きづらく、子供が多い場合にはちょっと大変でした。

(Visited 69 times, 1 visits today)

スポンサーリンク