女性必見「らぁ麺 桃の屋」小田原で深みのあるあっさり系のラーメン!

SNSフォローボタン

フォローする

女性一人でラーメン屋はちょっと…

なんて人も多いかと思います。

そんな女性の悩みを覆す、

お洒落なカフェ風のラーメン屋が小田原にあります。

その名は「らぁ麺 桃の屋」です。

スポンサーリンク

「らぁ麺 桃の屋」は、

まさしくカフェ風の外観を持つラーメン屋で、

2019年の8月にオープンしました。

確かに女性一人でも非常に入りやすいと思います。

ただ、この店は外観のお洒落さだけが特徴ではありません。

実はこのお店、調べてみると、

新宿御苑のつけ麺で人気のラーメン店「小麦と肉 桃の木」の元店主さんがオープンさせた店なんだそうです。

桃の木といえば、あの「せたが屋」グループの…

えー..行ったことはありませんが、とにかく実績もある方なんですね。

この「らぁ麺 桃の屋」も、味に定評のあるお店なんです。

そこで今回は、小田原にある「らぁ麺 桃の屋」に行ってきました。

外観

小田急・JRの「小田原駅」から徒歩5分程度、

栄えている通りより少し入った路地に一際お洒落な外観のラーメン屋が。

そう「らぁ麺 桃の屋」です。

まさしくカフェのような雰囲気ですね。

看板のデコレーションなどもカフェのような感じで、

とても可愛らしいです。

やはり、「女性が一人でも入れる」というのも売りなんですね。

内観

店内は、中央のL字と、窓際のカウンターのみの席です(合計9席)。

決して広くはなく、狭いですが、とても清潔感があり、ラーメン屋特有のごちゃごちゃした感じもありません。

シックなランチョンマットや透明のレンゲなどもセッティングされていました。

“女性が一人でも入れる”

なはずなんですが、来店時には男性の一人客が2名。

つまり、男性でも一人で入りやすい店なんですね。

荷物入れの籠やブランケット等、

女性が重宝するアメニティがバッチリ揃っています。

雨の際の傘なんかも置いてありました。

メニュー

こちらメニューになります。

ラーメンは大きく分けて2種類ですね。

いずれもあっさり系のお店です。

大山どり・やまゆりポーク・国産野菜を使用したメニューが売りなんですね。

これ、ラーメンだけでなくカレーも押している感じですね。

その他にも、ケーキやソフトドリンクなど、いわゆるカフェ風のメニューもたくさんありました。

さて気になるラーメンの味ですが、私の注文したメニューはこちら!

Lunch Set(こくうま醤油らぁ麺+ミニカレー):1000円(税込)

流石女性らしい綺麗で丁寧なトッピングですね。

なんか神々しいですよね。

スープは、鶏ガラや丸鶏・煮干し節を重ねた(らしい)芳醇なスープで、とても透明感があります。

見た目通りあっさりですが、醤油や鶏のコクが感じられます。

魚介系というよりは鶏がベースな印象ですね。

麺はこちら!

細めのストレート麺で、

あっさりとしたスープには非常によく合います。

トッピングのチャーシューはホロホロで、

口の中でとろけるよう。

これが神奈川のブランド豚「やまゆりポーク」なんですね。

そして、これがなかなか珍しい、鶏団子。

鶏の旨味がしっかりと閉じ込められていました。

さぁ、最後にカレーです。

さほどボリュームはありませんが、セットメニューで頂けるのであれば値段的にもお得ですね。

濃厚な鶏出汁のスープで4時間煮込んだということもあって、非常に濃厚な味わい。

どろっとしたカレーに旨味がたんまりと。

スパイシーな感じもあり、このボリュームでも食べ応えは抜群でした。

サイドメニューと思っていましたが、こちら絶品です!

店舗情報

【名称】らぁ麺 桃の屋
【住所】神奈川県小田原市栄町2-10-8
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】水曜日
【席数】9席(カウンターのみ)
【駐車場】無(近隣にはコインパーキング多数)
【地図】

まとめ

今回は小田原にある「らぁ麺 桃の屋」に行ってきました。

噂通り、お洒落でカフェを彷彿とさせる外観であり、

女性一人でも入りやすいお店です。

また味に関してですが、

ここ小田原では最近はもっぱら濃い味の”小田原系”が席巻しています。

そんな中で「らぁ麺 桃の屋」はあっさりの中にコクや深みがあり、

これが本当に美味しいラーメンなんだなとしみじみと感じました。

そして、サイドメニューのカレー!

こちらもおすすめですよ。

(Visited 129 times, 1 visits today)

スポンサーリンク