小田原早川漁港「ひととせの雪」は混雑必至の絶品かき氷!

SNSフォローボタン

フォローする

といえば何ですか!?

ことグルメに限っていえば、かき氷ではないでしょうか?

小田原市でかき氷を食べるなら絶対ここ!

早川漁港にある「ひととせの雪」がオススメです。

スポンサーリンク

 「ひととせの雪」は、

小田原市の早川漁港内にある超人気のかき氷屋です。

雑誌やメディアでの紹介も豊富に行われており、

大型連休や週末の昼時には行列必至のお店です。

観光がてら、早川漁港内で海鮮グルメを食べ尽くしたらそりゃあ甘味が食べたくなりますわ。

…という立地的な良さもありますが、

このかき氷の変わっているところは氷というか、凍らした果実を削ったものであり(かき氷と言うのだろうか…)、

非常にジューシーな味わいなんです。

今回は、そんな混雑必至のかき氷店「ひととせの雪」をレビューします。

外観

小田原市にある早川漁港内、

駐車場の出入り口となる道路に「ひととせの雪」があります。

海鮮処が多い漁港内で一際おしゃれで行列のある店舗なので非常に分かりやすいです。

細長い長方形の窓がおしゃれな印象ですね。

専用駐車場は6台です。

ちなみに早川漁港の駐車場に停めても徒歩1分以内です。

目の前なのですぐに分かります。

ただ、漁港の駐車場はスペースが狭く大混雑しますが、回転そのものは比較的早いです。

本当に駐車スペースが狭いので要注意です。

内観

店内の様子はこんな感じです。

決して広くはないですが、

一列に並んだカウンターと、テーブル席が数席。

もちろん店舗内にトイレもあるので安心です。

非常に落ち着いた雰囲気であり、カウンター上の小物がおしゃれです。

休日でもおやつくらいの時間帯であればそれほど待たずにイートイン可能です。

メニュー

メニュー表はこちら!

シンプルなメニューで分かりやすいですね。

シャインマスカットは、限定商品なのでお早めに。

トマトなどの異色なメニューもありますが、

シンプルな果物を使ったメニューですね。

ちなみに、S/M/Lの3種類の大きさがあり、

MはSの1.5倍、LはSの2倍の大きさだそうです。

それぞれのメニューに産地や品種が明記されているのも良いですね。

さて、今回注文したメニューはこちら!

いちご(S):600円(税込)

メロン(S):600円(税込)

こちらがいちごです。

付属品はメインのかき氷の他に練乳・水・梅昆布茶(温)です。

この見るからにジューシーそうな赤々しいいちごが食欲をそそります。

全くそのまま凍らしたいちごを削っているのでいちごそのものの美味しさをいただけます。

ちょっと酸っぱい感じもしますが、

お好みでかける練乳で甘さを調整しながら食べられるのも良いです。

メロンがこちら。

かき氷なのに、メロンの甘い香りが包みます。

いちごと違ってメロンはそのまま食べても甘味がたっぷりです。

食べ始めのサクサク感と、食べ終わる頃のどろっと感の食感の違いが楽しめるのも良いですね。

店舗情報

【名称】ひととせの雪

【住所】神奈川県小田原市早川1-5-7

【営業時間】10:30~15:30(L.O)

【定休日】水曜日

【駐車場】有り(6台)

【地図】

まとめ

今回は、混雑必至のかき氷店「ひととせの雪」をレビューしました。

凍った果実をそのまま削るという斬新なかき氷であり、

上品かつ最高のジューシーを堪能できる一品です。

ただし、一人で食べるなら、Sで十分です。

いっぱい食べたいならM、大人の人がシェアするならL。

その程度のサイズがオススメです。

(Visited 52 times, 1 visits today)

スポンサーリンク