小田原「砂時計」レトロな喫茶店でカレーとナポリタンの名物ランチ!

SNSフォローボタン

フォローする

“喫茶店”

そんな名称がぴったりとくるような、

非常にレトロで風情のある喫茶店を見つけました。

その名も「砂時計」です。

スポンサーリンク

「砂時計」は、

小田原市のJT跡地のすぐ近くに構える

喫茶店です。

最寄駅は足柄駅になると思いますが、

徒歩となるとやや遠い距離ですね。

外観からしても、

非常に古くからあるんだなぁと印象を受けます。

そんな古さが非常にレトロな雰囲気を醸し出し、

店内はタイムスリップでもしたかのような風情ある雰囲気で、

つい「おしゃれだなぁ」と口にしてしまいます。

どうやら事前調査では、

激辛のカレーと、コテコテのナポリタンが名物ということ。

しかもそれらがワンプレートで食べられるということです。

今回は、レトロな雰囲気漂う喫茶店「砂時計」で名物のカレーとナポリタンを食べてきました。

外観

小田原市は久野にあるJT跡地からすぐ、

久野坂下の交差点に「砂時計」があります。

木製の扉や看板がまさしく喫茶店という雰囲気を醸し出しますね。

“氷”の幟がまた夏を感じさせます。

店の横の看板に至っては、

植物によって隠されております。

駐車場は店舗の目の前と、すぐ横にもあるので、そうそういっぱいになることはないでしょうし、

駐めるにもそれほど苦はありません。

内観

店内に入ると、

昭和の時代にでもタイムスリップしたかのような

レトロな空間が広がります。

悪く言えば“ボロい”ですが、

その一つ一つのアイテムが非常におしゃれなんです。

カウンターにテーブル席があります。

椅子や机は全てで出来ていました。

テーブルにはマッチや灰皿があり、

喫煙は自由のようです。

この辺りも時代の流れに飲まれない昔ながらと言った感じですね。

メニュー

店舗の外に置いてある看板では、

カレーを押している感じですね。

これぞ、喫茶店メニューです。

店内のメニュー表はこちら!

お得なのはやはりランチメニューですね。

スープ・ドリンクがついてこの値段です。

その他にも、

非常に豊富なメニューがずらり!

トーストやパフェなんかも喫茶店らしいですね。

今回注文したのはランチメニューからこちら!

カレー & ナポリタン 半々ランチ:950円(税込)

そしてこちらが、セットのスープとドリンク(パインジュース ※選べます)

ひじょ〜にボリュームがあるような写真に見えるかもしれませんが、

残念ながら、普通の量です。

ご飯が驚くほど薄く皿に張り付けられています。

ご飯もルーも透けて皿が見えるくらいです。

味は噂通り辛口で、刺激的でした。

ナポリタンはコテコテの濃い味で、

塩味も効いていてパンチがあります。

どうあってもカレーとナポリタンは協調していないなぁとは思いつつ、

これぞ喫茶店という印象です。

これで本当にボリューム満点なら最高だったのになぁ…

店舗情報

【名称】砂時計
【住所】神奈川県小田原市久野353-1
【営業時間】
平日  11:00~22:00
土日祝 11:00~21:00
ランチ 11:30~14:00
【定休日】火曜日
【席数】25席
【駐車場】有
【地図】

まとめ

今回は、レトロな雰囲気漂う喫茶店「砂時計」で名物のカレーとナポリタンを食べてきました。

“これぞ喫茶店”というようなメニューを展開し、

ログハウス調なおしゃれな店内で過ごす時間は、なぜか落ち着きます。

雑誌なども置いてあるので一人でも来やすいですね。

ただ、喫煙可であるため小さな子供連れはお勧めはしないですね。

(Visited 246 times, 1 visits today)

スポンサーリンク